0円から資産作ります!

元手0円から資産をつくれるのか? 購入商品やシストレの設定も公開(^^)


0円から資産作ります!

SEO対策にサテライトブログを活用するべし

自分のメインブログやサイトを検索上位に

表示させたい場合、SEO対策をしないといけません。

そのSEO対策として外部からの被リンクを増やし、

良サイトと評価してもらう事で、検索サイトの表示順位を

上げるという方法があります。

 

その被リンクの手段としてサテライトブログがあります。

サテライトブログとは、メインサイトにリンクを送る

リンク元となるブログで、サイトでも同じ効果がありますが、

更新のしやすさからブログでやるのが主流のようです。

 

スーパーアフィリエイターさんは、月に100個とか

目標に被リンクをつけているみたいです。

 



 

その方法は、まず無料ブログを開設します。

別ドメインの方がいいので、1社1ブログずつです。

あくまでサテライトブログとして活用するので設定は

適当で。

日記のような内容でブログの記事を書いていきます。

「xxx日記」とか「xxxの一日」とかそれらしいタイトルを

つけましょう。

 

この時、被リンクをつけたいメインが化粧品のアフィリエイトや

物販のサイトなら、サテライトブログも「xxxの美肌日記」など、

関連したジャンルの方が評価が良くなるみたいです。

ただ、サテライトブログは複数のメインサイトを被リンクで

援護射撃するので特定のジャンルにしてしまうと

だんだん書きにくくなってきます。

結局内容は、「今日はxxに行って疲れた」とか

「一日中、寝てました」など、どうでもいい内容に

なるので日記形式の方がやりやすいと思います。

 



 

 

サテライトブログの書き方を説明します。

 

メインの化粧品関連のサイトに被リンクを送るとして、

「今日は朝から肌の調子が悪い。いい化粧水ないかな」

という文章の化粧水の所にメインサイトへのリンクを仕込みます。

これだと自然なリンクなのでブログ会社に

削除されにくいようです。

 

もう一つ、

「今日はゲームセンターで可愛いぬいぐるみが取れた」

の後にメインサイトのリンクを書き込みます。

どちらも、効果は同じですが、後者の場合、不自然ですし

ブログ会社の判断で最悪削除されることがあるようです。

前者はばれにくいのですが、記事にリンクを仕込むので

記事作成が少し面倒になります。

 

1記事で被リンクをつけたいメインサイトのリンクを

複数貼っても大丈夫です。しかし、リンクが多くなると

1つのリンクに対して効果が薄れるのと、

不自然さが目立ち削除の危険が増すので

2~3個にしておきましょう。

 

リンクはトップページ以外にも分散させると

良いようです。

これは、トップページ以外にもリンクを貼ることで、

各ページも検索エンジンの評価を高めておきたいと

いう理由があります。

各ページも検索サイトの上位に表示されることで

より多くのアクセスを拾うことが出来ます。

ただし、トップページ以外のページと言っても、

検索サイトで表示させたいワードでSEO対策した

ページでなければあまり意味はありませんので、

検索用ワードをちりばめたページを作っておきましょう。

 

リンクを送る回数は10回くらい、作った各ブログから

送ります。(一気にではなく全体で1日数個ずつ)

 

最後に、これも仕入れた情報なのですが、

サテライトブログにはアフィリティのリンクは貼っては

いけないそうです。

理由は、サテライトブログの中に、アフィリティリンク99個と

メインサイトのリンク1個だと、被リンクのパワーが1/100。

これが、メインサイトのリンク1個だけだと1/1。

簡単に説明すると、こういう事のようです。

補足で、アフィリティリンクの多いサイトは

検索エンジンからの評価も低くなるようです。

なので、サテライトブログで数百円稼ぐより、

メインのサイトで集客力を上げて、月数万円、

数十万円を稼いだ方が絶対にいい。(らしいです)

 

私もサテライトっぽいサイトやブログがありますが、

アフリティ貼ってしまってます。

 

ちなみに、このブログはサテライトではありません(^^)

 





Share opinions

*

*


You may use these HTML tags and attributes to empatize your opinion:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>